サイト内検索結果

一致順 | 新着順 藤浪晋太郎 で検索した結果 1〜10件目 / 約1,393件 
  1. 藤浪が巨人戦先発「試合を作る」G菅野との対決に気合

    練習を終え、グラウンドから引き揚げる阪神・藤浪晋太郎=ナゴヤドーム(撮影・高部洋祐)阪神・藤浪晋太郎投手(24)が20日の巨人戦(甲子園)に先発する。19日、予告先発で発表された。  2軍降格危機にあった前回13日・ヤクルト戦(甲子園)では、7回6安打1失点の粘投。今季初勝利こそな

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/04/19/0011179998.shtml- 2018/04/19

  2. 藤浪光投!復活見えてきた7回1失点 ダメなら2軍降格の土壇場で手応え

    6回、川端を併殺に仕留め、雄たけびを上げる藤浪確実に光は差した。阪神・藤浪晋太郎投手(24)が7回6安打1失点。昨年5月4日のヤクルト戦以来となる344日ぶりの白星はならなかったが、内容次第では2軍降格もあった中で、次回登板に希望を抱かせる9

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/04/14/0011162262.shtml- 2018/04/14

  3. 藤浪 7回1失点の好投 勝ち星はお預け

    6回のピンチを併殺で切り抜けた藤浪は(左から)鳥谷、糸原とタッチを交わす(撮影・田中太一)「阪神−ヤクルト」(13日、甲子園球場)  阪神先発の藤浪晋太郎投手が、7回6安打1失点で復活への手応えをつかんだ。  二回に3連打を浴びて先制点を奪われたが、三回以降は無失点。七回に打席が回ってき

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/04/13/0011161309.shtml- 2018/04/13

  4. 藤浪、二回に先制点献上 3連打浴びる

    2回ヤクルト無死満塁、ヤクルト デビッド・ブキャナンの打球をつかむ阪神・藤浪晋太郎=甲子園(撮影・高部洋祐)「阪神−ヤクルト」(13日、甲子園球場)  阪神先発の藤浪晋太郎投手が、3連打を浴びて先制点を奪われた。  0−0の二回。先頭の川端が中前打、続く西浦に左前打を放たれて無死一、二塁のピンチを招いた。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/04/13/0011160999.shtml- 2018/04/13

  5. 復活かけたシーズンでまさかの2戦連続背信…阪神・藤浪晋太郎よ意地を見...

    完全復活への第一歩は31日の巨人との開幕第2戦(東京ドーム)。快勝でチームはもちろん、自身も勢いに乗る。 藤浪「最初の1は大事に」 G倒導きチームも自身も勢い乗る  「その年の始まりというか、いい形

    https://www.daily.co.jp/tigers/matome/2018/04/09/m_0000475.shtml- 2018/04/09

  6. 藤浪 制球難で2戦連続の途中降板 金本監督 次回登板「微妙」も…予定通...

    5回、交代を告げられ顔をしかめる藤浪託されたマウンドを守り抜くことはできなかった。同点の押し出し四球を与えた瞬間、阪神・藤浪晋太郎投手は唇を強くかみしめた。4回2/3を投げ4安打3四球で2失点。先発としての役割を果たせず、2戦連続の

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/04/07/0011141129.shtml- 2018/04/07

  7. 藤浪、センバツVの母校・大阪桐蔭ナインを祝福「励みになる」

    キャッチボールで調整する阪神・藤浪晋太郎=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)「DeNA−阪神」(4日、横浜スタジアム)  阪神・藤浪晋太郎投手が、センバツ高校野球大会で優勝した母校の大阪桐蔭を祝福した。  横浜遠征中のため、宿舎の部屋で歓喜の瞬間を見届けた。自身は、3年時の

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/04/04/0011132718.shtml- 2018/04/04

  8. 武井壮がメジャー帰りの上原浩治投手を直撃

    野球ファンが待ちに待った2018年のシーズンがいよいよ開幕。4月4日の『戦え!スポーツ内閣』(毎日放送)では、今年のシーズンを占う生放送スペシャルが放送される。 過去におこなわれた試合を、阪神戦を中

    https://www.daily.co.jp/leisure/kansai/2018/04/03/0011129954.shtml- 2018/04/03

  9. 金本監督、藤浪続投「迷った」4点差逆転負けに「ミスと言われても…」

    降板後、ベンチで唇をかみしめながらグランドを見つめる藤浪「巨人8−4阪神」(31日、東京ドーム)  宿敵巨人を相手に開幕連勝…という虎党の淡い期待は夢と消えた。打線が三回までに4点を先行しながら、逆転負けを喫した。阪神・藤浪晋太郎投手(23)が六回に無死

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/04/01/0011121744.shtml- 2018/04/01

  10. 藤浪「最初の1は大事に」 G倒導きチームも自身も勢い乗る

    必勝祈願後、お神酒を頂く藤浪(撮影・田中太一)阪神・藤浪晋太郎投手(23)が28日、開幕から好スタートを切ることを誓った。1軍公式戦初登板は過去5年間で2勝3敗。昨季は4月4日・ヤクルト戦(京セラ)で5回2失点も9四死球と制球が乱れ、黒星を喫

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/03/29/0011111744.shtml- 2018/03/29